海外口座

STP方式とECP方式の違い

STP口座とECP口座って国内の業者だと聞いたことない単語ですよね!

それもそのはず、多くの国内業者はDD方式であり、この2つは存在しないからです。
海外業者のNDD方式(ノーディーリングデスク)の中でも注文処理の違いによってSTP方式とECP方式の2つに分けられます。

STP方式

STP方式はStraight Through Processingの略で、私たちユーザーの注文が海外FX業者にいくと、そこから業者のカバー取引先に注文がいき、カバー取引先の中から最も良い価格のものにスプレッドが上乗せされ取引が成立します。

海外業者によってカバー取引先の数はまちまちなので、業者によって多少の違いはでそうですね。まあ、STP方式でも業者が取引の間に入ってこないNDDなので安心ではありますが、次に説明するECP方式の方がより透明性が高いです。

STP方式は手数料がかかりませんが、ECP方式よりもスプレッドは広めなのが一般的です。

ECP方式

ECP方式はElectric Communications Networkの略で、電子取引のことです。
電子取引といえば株の取引きも一緒ですね。なので板情報も見れるんです。
これがSTP方式よりもより透明性の高い理由です。
私たちユーザーの注文はインターバンクにそのまま流されます。

インターバンクとは、金融機関があつまる市場のことです。
FX業者は、その仲介役なのでその分の手数料がかかります。

ただし、スプレッドは0pips~とすごく狭いところがほとんどです。
手数料のかからないSTP方式と手数料のかかるECP方式のトータルコストを比べると、手数料がかかってもECP方式の方が安くすむことがほとんどです。

STP方式とECP方式の違い まとめ

どちらの口座でもたいていは快適にトレードできるので問題ないと思います。

まあ、人によってSTPがいい、ECPがいいというのはあると思うんですけど、FX始めたばかりの人はスプレッドのみでわかりやすいSTP口座で、スキャルピングなどの短期売買をやりたい慣れた人なら、トータルコストの安いECP口座の方がいいかもしれませんね。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

FXブログランキング

ブログランキングに参加してます
1日1回応援おねがいします♪

にほんブログ村 為替ブログ FX スキャルピング派へ

最近の記事

  1. スキャルピング
  2. スキャルピング
  3. スキャルピング
  4. スキャルピング
  5. スキャルピング

アーカイブ

最近のコメント

    1. スキャルピング

      トレードなど

      4月3日のスキャルピング日記
    2. スキャルピング

      トレードなど

      欧州時間の特徴
    3. スキャルピング

      トレードなど

      インジケーターのリペイント
    4. スキャルピング

      トレードなど

      イースター休暇 ノートレード!
    5. スキャルピング

      トレードなど

      デモトレードの成績  誰か教えてほしい!
    PAGE TOP